[Niyamaニヤマ]②知足 サントーシャ

こんばんは

日が短くなっているのを感じる今日この頃
夕方のチャイムもいつの間にか16:30に。。
なんだか寂しい…
でも日中の過ごしやすさは最高🙌
今日は
[Niyamaニヤマ]第2段
知足 サントーシャ
サントーシャとは
自分に与えられた全てを受けとめること
与えられた状況・物・人間関係(環境)に
満足をすることです💡
過剰な欲望に気持ちを盗られないように!
困難や問題も
すべて乗り越えるべき課題と捉え
受けとめる大きく・強い態度であるように
努力と意志で心掛けるのです✨
あれがほしい
これがほしい
あれがない!これがない!
手に入れたい!!!!!
→苦痛になるのです
ヤバい😱わたしだ(笑)
欲しいものは必ず手に入れたい願望が。。
一旦そんな邪念は手放してみて
今あるものに感謝するのです
感謝からはじまります♡
そこから自分に必要なもの
更に何ができるのか??を考えていく💡💡
以下
【ヨーガスートラ2-42】解説
いつも自分の好きな人や物ばかりに囲まれ
調子よく過ごせるわけではないこと
それは誰しもがわかっていること
皆それぞれに
困難や
目の前に立ちはだかる壁
挑戦しなければならない課題や状況
に直面しています
他人と比べ
不満に思い
怒り・悲しみ・抵抗しても何も解決されない
世界に起こることは
すべて必要があって起きています
今ここにあることは
すべてに意味があり
現象の後ろには原因があり因果関係の結びつきがあります
困難を乗り越えることで私たちは
自分を鍛え・高め
苦難の経験と引き換えに学びを得ます
世界は自分を磨く修行場
だと『ヴェーダ(聖典)』はいいます
難しいこと
困難な課題こそ
今より大きく成長するための学びが詰まっている
ということを私たちは十分に知っています
様々な経験によって
辛さや悲しみを知るから
他人の悲しみを理解する慈悲が身につくように
 
問題こそが自分を成熟させるチャンス
 
起こること全てを成長のチャンスと受けとめ
 
変えられることは勇気をもってかえる努力をし
変えられないものは受けとめる柔軟な姿勢でいる
変えられること
変えられないこと
を見極める賢い知性を研ぎ澄まし
努力を続けることで
心の幅・ゆとりが湧いてきます
その時
他の誰かと比べて優劣をつけることなど
全く意味がないと理解します
久々にヨーガスートラ開いて見てみると
『ごもっともです』
とすーーんと腑に落ちました
去年終わりとか今年に入ってすぐ
苦痛とか
困難とか
自分のおかれた境遇に『もーなんなの?!』って
なることが続いてしまって
でもでも
それが今のわたしの考え方とか
生き方に繋がってるな〜ってしみじみ思って
ヨーガスートラって
本当に当たり前のことを言っているのだけど
当たり前のようにはできなかったり
は?何言ってんの?ってなったり
今の自分の状況だったり心境だったりが
よくわかる
あの時よくわかんなかったけど
今なら言ってることわかるーーとか
このNiyamaニヤマとか知足とかに限らず…
自分に当てはめてくと面白い
哲学って難しいようだけど
難しく考えずに
素直にうけとめると
有り難い言葉だったりします
本日もありがとうございます
namaste