呼吸の大切さ

yogaでは呼吸が大切と言われていますが
呼吸の何が大切なのか?
呼吸してますか?
と聞かれたら
『しなきゃ死んじゃう』…って話ですよね
無意識にしている呼吸ですが
日々の緊張やストレスにより
浅くなりがちで
肋骨
お腹
は硬くなり動きも悪い
または
硬いから呼吸が浅い
◾︎呼吸のメカニズム
肺は単独では動きません
呼吸筋によって肺が動くのです💡
息を吸い込むと(吸気)
胸部が広がり横隔膜が収縮し緊張そして下がる
息を吐くと(呼気)
胸部は縮んで横隔膜が緩んで上がる
【呼吸法】
日常の呼吸〈胸式呼吸〉

外肋間筋が収縮すると

肋骨が持ち上がって胸郭が前後左右に拡大
これによって肺は伸ばされ息を吸い込むことができる(吸気)
反対に、外肋間筋が弛緩して胸郭が縮小すると
それによって息を吐き出すことができる(呼気)
女性は男性に比べると腹筋が弱く
胸式呼吸になる方が多い
なのに肋骨を広げる力が非常に弱いし
がちがちに硬くなっている
触るとわかる
人によっては全く動かない
この動きを感じられるようになってもらいたい
カラダは自由に動きたがっています
緩めて
力みを解いて
お腹の呼吸〈腹式呼吸〉
横隔膜が収縮すると
下に降りて胸郭がそれに伴って上下に拡大
外気が取り込まれる(吸気)
横隔膜が弛緩して胸郭が狭くなると
息を吐き出すことができる(呼気)
胸式呼吸→横の呼吸(肋骨)
腹式呼吸→縦の呼吸(横隔膜)
なのです💡💡💡
肩式呼吸
感情が高ぶっている際
運動後
子どもが泣いているときなど
肺の上部分を使った呼吸
この3箇所を使った呼吸法が
完全呼吸法
と言われる呼吸法なのです
わたしは呼吸法が嫌いでした
すごく苦しいから…
酸欠状態
腹式呼吸なんて全然お腹膨らまないし
お腹膨らむって感覚もわこらなかった…
けっこうそういう人多いのではないかしら
でも大丈夫!!
そんなわたしでも出来るようになりましたし
むしろ不快呼吸の時間が大好きになりました
お腹
肋骨
胸上部に息を送りこんで
ふーーーーっと吐くことが
気持ちよくて仕方ない至福の瞬間♡
……変態
✴︎息を1度吐いて
息を吸ってそのまま2秒息を止めて
(息を止めることで呼吸筋を鍛えます‼︎)
その状態からもう1度息を吸う
→そうすると確実に胸式呼吸が深まるし
   肋骨も動きやすくなる🍀
これを毎日10回やるのです
カラダに変化が訪れるはずです
呼吸は生きるためのもの
……だけではないっっ
◉自律神経への適度な刺激
※OFFモードになれない人が多くて切り替えが得意でない…副交感神経をONにする必要がある‼︎
→神経バランス調節
⚪︎意欲up
⚪︎うつ改善
⚪︎心の安定
⚪︎睡眠の質up
◉血中酸素濃度向上
血液循環の改善・代謝の活性・脳の働きup
◉内蔵マッサージ
内蔵機能の強化(消化力・老廃物の排泄)
◉呼吸筋の強化
心肺機能のup
◉筋肉痛の減少
二酸化炭素を出すことで乳酸も出す
筋細胞の活性
◉横隔膜の上下運動
→大胸筋の強化→骨盤・姿勢の安定
この効能たちは呼吸法によって
セロトニンホルモン
が生成されるからといわれています
セロトニンホルモンは
幸せホルモン
心を落ち着かせる効果があります
できることから始めてみませんか🥚🐥🍀